ランドリソース 空家を産まない社会を目指して
情報

みんなの家 笑恵館

  • 「みんなの家」とは、「みんなが自分の家と思う家」のこと。
  • 笑恵館の願いは、家という場所を介してみんなが[家族]になること。
  • 1軒の家を自分の家と思う人たちを、[家族]と定義してしまう新しい提案です。

shokeikan_logo_text_small

笑恵館は、会員制の「みんなの家」

私の願いは、めったに会わない身内よりも、気心の知れた近所の他人とお付き合いしながら、住み慣れたまちで人生を全うすることです。

しかし老朽化した家のままでは不安があり、改築を考えても資金など難しい問題が沢山あります。この課題解決のために、数年前から様々な高齢者施設などを調べ、見学してきました。安心して看取ってもらうために、医師または看護士、介護士に常駐してもらえないかとも考えましたが、医療・福祉関連に関わるのは非常に難しいです。

でも最近では、終末期においても在宅ケアが推進され、最期まで自宅での訪問診療、訪問看護、訪問介護が充実しつつあります。そのことを意識した間取りなどを考えれば、心配なく自宅で終末期を迎えることが出来るはずです。そこで、これまで私の住まいであった母屋を、アパートの住民だけでなく地域の皆様にも思い切って開放し、誰もが気軽に出入りできる「みんなの家」にできないか。そしてわが家を活用してくださる皆さんとともに、私自身も生き生きと暮らしたいと考えました。

我家は親の代から100坪余の敷地内に、自宅と6世帯のアパートがあり、家族を含めいつも10人余が暮していました。そこで、新たな住まいでも、家族2人と共に、一人暮らしの高齢者や、一人で仕事と子育てを頑張っているシングルマザー、共同生活に関心のある若者など、10人程が共に生活できるアパートと、地域の方々にも利用して頂ける食堂、そして子育てサロンやミニデイサービスなどのできる集会室を作り、ここに集うすべての人たちと緩やかな家族になりたいと考えました。

上記の願いが実現するなら、過密都市での住宅不足や空家利用の問題、一人住いの不安、そして終末期在宅ケアの推進などが一挙に解決される一例になるのではないでしょうか。そしてこの願いが実現したなら、土地や建物を子供に相続するのではなく、私の後もそのまま利用、活用して頂けるようにしたいと思っています。

「笑恵館」とは、「笑いの絶えない恵みに満ちた家」、「人生終わりよければ全て良しとなる家」です。

私と同じようにお考えの方も大勢いらっしゃると思いますが、はじめの一歩踏み出すのは大変です。笑恵館はそんな皆様の疑問に答え、新たな一歩のきっかけになれば幸いです。

2014年3月

笑恵館オーナー 田名 夢子

笑恵館のホームページへ

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 日本土地資源協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.