ホーム » ビジョン

ビジョン

目的

  • 売買しない民有地を活用して、豊かな地域社会を実現するためのチャレンジの場として開放する。

目標

 

実現したい社会・未来像

「福祉・・・すべての市民に最低限の幸福と社会的援助を提供する」は、国家の責任だ。しかし今、その財政が行き詰まり、抜本的な改革が求められている。

  • 地域経済の活性化は、行政の役割ではなく民間・市民の役割だ。
  • そこで、すべての市民に自由なチャレンジの場所と機会を提供するため、この目的に特化した「ソーシャル不動産」を創出する。
  • ソーシャル不動産はその収益のすべてを上記の目的実現のために使う。
  • したがって、収益と稼働率双方の最大化を常に目指すこととなる。

 

  1.  民有不動産は家族用、会社用、余り→社会用の3種類に分化する
    • 家族用は生活用の不動産で、主に居住や小ビジネスに利用される。
    • 会社用は事業用の不動産で、主に・・・
    • 社会用は福祉用の不動産で、主に生活支援や事業支援に利用される
  2. 社会用不動産の取り組む「民間福祉」とは、