はじめに

いま全国で、所有者が使わなくなった多くの土地や建物が、様々な課題や事情を抱え、賃貸も売却もされずにいます。困難な課題の解決に時間がかかるのは致し方ありませんが、もしも解決をあきらめ放置しているとすれば、所有者の責任は重大です。なぜなら、この豊かで恵まれた環境を活用せずにいることは、すでに個人の損失を超えて、社会全体の損失だからです。

ところがこの問題は、所有者が諦めずその願いを開示するだけで、解決できることに、多くの人が気づいていません。所有者が心に秘めていた自分の願いを開示した瞬間に、その願いは社会全体が挑むべき願いとなるんです。

そしてもしも、その願いの実現に挑む者がいたならば、所有者のあなたは、彼にチャンスを与えることができるはず。その土地は、「社会に開かれたチャレンジの場」となることで、すでに「放置不動産」ではなくなってしまいます。

ソーシャル不動産とは、このような「所有者の願いを社会に問いかける土地」のこと。全国の遊休不動産を、自由に使える土地資源として情報開示し、土地の利活用に挑む地域の担い手を広く募りたいと思います。

そこでまず、使われていない土地や建物を、数多く探し出し、日本全体を「所有者の願いを叶えるチャレンジの場」にしたいと思います。皆様のご協力を、心よりお願いいたします。

2017年6月

一般社団法人日本土地資源協会 代表理事
ソーシャル不動産プロジェクト事務局

       松村拓也


目次

ビジョン・事業計画

日本財団主催ソーシャルイノベーションフォーラム2017にエントリーした事業計画をご紹介します。

ネットワーク事業

ソーシャル不動産に関わる全国の土地資源と利活用関係者をつなぐ事業。

ソーシャル不動産情報/プロジェクト協議会の運営/開示情報の評価表彰

コミュニティ事業

地域の民間交流施設を利用した、市民と土地資源をつなぐ事業

交流の促進/施設の経営/新たな交流促進施設の育成

オーナーシップ事業

土地資源の所有者として土地資源の利活用に取り組む事業。

コンサルティング/マッチング/デベロップメント

レポート

活動状況をブログ形式でレポートします。


お問合せ

このプロジェクトに関することであれば何でもご質問やご相談をお受けしています。気軽にお問い合せください。取材のお申込み、業務の依頼などもこちらからお問い合せください。

お急ぎの方は、090-9830-3669(松村拓也) までお電話いただければ幸いです。