みんなで地主


■みんなで地主!

「みんなで地主」ってどういう意味

    • 土地資源とは、土地の所有権でなく、[土地そのもの=地球]のこと。
    • かつて資源としての土地経営を担っていた[地主]が明治維新で廃止され、[土地所有権の個人財産化]が実現しました。
    • でも財産権の確立は、皮肉にも所有者を孤立させ、空き家問題などの課題を招いています。
    • そこで私たちは、所有者の孤立を解消し、仲間たちとともに地主となる事業に着手しました。

「みんなで地主」が目指すもの

    • 「みんなで地主」が目指すのは、「土地継承=円満な土地相続」の実現です。
    • 土地の利活用も売却もできない人が相続することにより、土地の放置や放棄が進んでいます。
    • 相続ではうまく土地継承できないのなら、通常の相続とは違う方法で「脱相続」してはいかがでしょう。

脱相続から始める「みんなで地主」

    • 所有権の分割 土地を分割しないため、所有権だけ分割して共同所有する
    • 所有の共同化 土地を継承する人がいなければ、共同で所有する仲間を集める
    • 所有の法人化 相続税を収めるために土地売却するなら、法人に譲渡して相続と決別する

「みんなの地主」がもたらすもの

    • 集約化・・・土地資源の分割を回避し、集約拡大を促進
    • 独自化・・・土地資源の放置を回避し、独自繁栄を促進
    • 永続化・・・土地資源の遺贈を回避し、生前承継を促進

「みんなで地主」のご案内

※上記のページ名の・・・・は、更新日(2021/02/01)を示します。
※このページは2021/02/10に更新しました。

土地資源とは


■ご挨拶

土地所有って何のこと      

    • そもそも土地は地球だから、誰も所有などできない
    • 所有権とは、自由に「使用、収益、処分」できること
    • つまり、土地所有とは、この所有権を持つことだ

社会を蝕む「空き家病」

    • 所有権には、固定資産税を払うなどの義務があるだけだ
    • 土地を使わず、放ったらかしても許されるのが「空き家病」
    • 社会に迷惑をかけなければ、「空き家病」の拡大は止まらない

土地を資産から資源に

    • 資源とは、使えるのにまだ使われていないもののこと
    • 自分で使わないのなら、使いたい人を募ればいい
    • そして、土地を使いたい人は使わせて欲しいと頼めばいい

日本土地資源協会とは

    • 土地は、暮らすための資源と、売るための資産の2面を持つ
    • 資産の所有者が変わっても、資源の土地は永続して欲しい
    • そして、このことをみんなに伝えるため、この法人は始まった

2021年1月23日

一般社団法人日本土地資源協会 代表理事 松村拓也


■法人へのお誘い

 

※上記のページ名の・・・・は、更新日(2021/02/01)を示します。
※このページは2021/02/10に更新しました。

パンフレット

2020/07/01に更新しました。PDFのダウンロード

お問い合わせ

日本土地資源協会、土地を売却せず資源として活用するためのあらゆるご質問やご相談をお受けしています。
気軽にお問い合せください。
取材のお申込み、見学希望などもこちらからお問い合せください。

post@rand-resource.org
(スパムが多いので、しばらくコンタクトフォームは閉鎖します。)

お急ぎの方は、090-9830-3669(松村) までお電話いただければ幸いです。