3.地主の学校 2106

【地主の学校・第1稿】ようやく完成いたしました!

地主の学校 まえがき より

    • 社会に終わりは必要ない
      今の日本社会に目を向けると、私には様々な「成功や失敗」よりも「継続の行き詰まり」ばかりが目に付く。決して「成功や失敗」を軽んじているのではないが、社会にとって一番大切なこととは思えない。それはあくまで終わり方にすぎず、社会に終わりは必要ないからだ。失敗が継続すると破綻を招き、成功が継続しないと破綻を回避できないことこそが重要だ。解消できるはずのない格差の解消や、永続できるはずのない成長を前提とする経済政策など、地域社会や国家が選ぶべき道とは思えない。そもそも、資本主義社会における適者生存や自然淘汰など、ダーウィンの進化論的な発想は一見科学的に正しく見えるが、この思考法に身を委ねる限り、これまで人類が多くの動植物を滅ぼしてきたように、豊かなものが貧しいものを滅ぼす社会のままだろう。人口や経済が都市にばかり集中して地方が滅びつつある日本の現状を、「都市が成功」で「地方が失敗」と考えることは、むしろ格差拡大を助長してしまう。

    • ・・・中略・・・

    • 永続的な土地利用=国づくり
      もしも今、「一部のエリート」たちが経済を支配することで世界を支配しようとしているならば、私は「地主」を「誰もがなれるエリート」に再生することで、新しい民主主義「みんなで地主」を構築してみたい。そのために、「地主」について学ぶ「地主の学校」の教科書を作成することで、永続的な土地利用としての「国づくり」を提案するのが本書の目的だ。もしもあなたが自分の土地を、最終的に売却資産とお考えなら、本書を読んでも時間の無駄だろう。だがもしも、土地を使って自分の国を作ってみたいなら、あなた自身が土地所有者であろうとなかろうと、ぜひ本書を読んで欲しい。

カリキュラム

    1. ガイダンス(初回無料・教科書代:1,000円) 
    2. 地主の廃止(国づくりの行き詰まり)
      1. 脱地主・もたらされた失敗と成功
      2. 脱承継・地主とともに消えたもの
      3. 空き家・地域消滅のメカニズム
    3. 地主の復活(国づくりの手順)
      1. 土地資産を資源にする手順
      2. 所有者を地主に変える手順
      3. 新たな地主を承継する手順
    4. 地主の地(国づくりと土地)
      1. 土地は地球で出来ている
      2. 土地が世界をかたち作る
      3. 土地を空間として利用する
    5. 地主の主(国づくりと所有権)
      1. 所有とは何か(所有権の持ち方について)
      2. 権利とは何か(所有権の義務について)
      3. 自由とは何か(所有権の中身について)
    6. 地主の起業(国づくりの事業化)
      1. 失敗しない仕事(家業)の仕組み
      2. 消滅しない組織(家族)の仕組み
      3. 争わない地域(故郷)の仕組み
    7. 総括・まとめ
  1. (上記の内容から自由に選択してください)

プログラム

    • 講師:松村拓也
    • 受講料(初回ガイダンスを除く)
      1. 一般:3,000円
      2. 笑恵館クラブ会員:2,000円
      3. LR会員:無料
    • 教科書:地主の学校 1,000円
    • 講義の方法
      1. 前半1時間:講義
      2. 後半1時間:質疑、相談、補足説明。

受講方法

1.笑恵館

    • 内容 地主の学校に関するご説明と、意見交換
    • 日時 毎週土曜日 12-17時のうち2時間程度
    • 場所 東京都世田谷区砧6-27-19
    • 参加方法 メールもしくは電話で申し込んでください
      post@land-resource.org、090-9830-3669(松村)

2.いづみco&work

    • 内容 地主の学校に関するご説明と、意見交換
    • 日時 毎週火曜日 12-17時のうち2時間程度
    • 場所 神奈川県横浜市神奈川区泉町15-5
    • 参加方法 メールもしくは電話で申し込んでください
      post@land-resource.org、090-9830-3669(松村)

3.訪問開催

    • 内容 松村拓也が訪問してご説明や意見交換を行います
    • 日時 ご相談
    • 場所 ご希望の場所
    • 開催方法 メールもしくは電話でお問い合わせください(上記と同じ)

4.その他

    • 上記日時に別講座を受講する場合 ⇒上記講座の時間を変更して対応します。
    • 上記日時以外で受講希望の場合  ⇒個別対応します。
    • 上記内容をアレンジ希望の場合  ⇒講義+質問相談=2時間で対応します。